滑舌改善 滑舌を良くする方法滑舌を 良くする!改善 トレーニング 方法 を解説

0120-8343-56

滑舌改善コラム

発展編③ 滑舌をよくするワンランク上の方法

滑舌改善コラム

Part5滑舌改善に必要なリラックス法♪

緊張しっぱなしは滑舌にNG!

みなさん、こんにちは。
この発展編のコラムも今回を含めて残すところあと2回となりました

滑舌改善ここまで

①舌をリラックスさせる
②肩こりを解消する
③姿勢を改善する

ことをお伝えしました。どれも少しマニアックな感じがしますが、本格的な滑舌改善には欠かせません!もう一度確認したい方は戻って確認してみましょう♪

Part1 話しやすい舌を身につけよう
Part3 肩こり改善で上半身をゆったり
Part4 姿勢の改善で滑舌力UP!

今回はリラックスして滑舌を改善する方法をお伝えしたいと思います。

自分なりのリラックス法を身につけよう♪

滑舌を良くする上で、心も体もリラックスした状態というのは大事になってきます。常に緊張しっぱなしで話すと、噛んでしまったり、テンポよく話すことができません。体も緊張していると肩に力が入って堅く暗い印象を与えてしまいます。滑舌を良くする上で、自分なりのリラックス法を身につけていくということは必要です。では、どんなリラックス法があるでしょうか?ここでは3つの方法について紹介していきたいと思います。

自分の声に意識を向けすぎないようにする

自分の声を意識しすぎない一つは自分の声を意識しすぎないことがポイントです。
自分の声を意識しすぎると、「変な声になっている」「うまくしゃべれていない」と言った余計な考えが浮かんできてしまいます。自分の声が気になるあまり、リラックスしてしゃべることができません。

ここで心がけたいことは「自分の声が反響してかえってきた音が後ろから聞こえてくる」
という意識を持つことです。すると余計な考えが浮かんできて、自分の声が気になるということがなくなってきます。自分の声が気になってうまくしゃべれないときは、この方法を試してみて下さい!

話し相手の声を聞くこと

「感じがいいな」と思われる3つのポイント2つ目として相手の話を聞くことに注意を向けることも、リラックスする方法としてあげられます。「しっかりしゃべろう」「噛まないようにしよう」と思うと、どうしても体に力が入ってしまいます。すると余計緊張してしまい、リラックスしてしゃべることができません。

そんなときは、一度相手の話にも耳を傾けてみましょう。話すことから一度離れることで緊張を和らげることができます。

ほころびアイテムを用意しよう!

3つめとして、ほころびアイテムを使うということも有効です。
女性は自分の好きなマスコットなどをカバンやケイタイにぶら下げておくことがよくあると思いますが、きっとそれを見ただけで少し笑みがこぼれると思います。
ほほえみは緊張をほぐす最大のアイテムといってもよいくらいです。

男性であれば、お子さんの写真や甥っ子、姪っ子の写真、
飼っているペット、趣味のプラモデルの写真など
自分の好きなものを用意してみましょう♪

アイテムを身につけておくことで、ほっと安心感を得られて、
緊張をほぐすことができます。

前の記事   次の記事

滑舌を良くするDVD教材