滑舌改善 滑舌を良くする方法滑舌を 良くする!改善 トレーニング 方法 を解説

0120-8343-56

滑舌改善コラム

発展編④ 声が出ない

滑舌改善コラム

Part4コラム④ 「声が出ない」への対処方法1

声が出ない

前回の「声が出にくい・声が出ない」原因では、

  1. 日常生活の習慣や加齢によるもの
  2. 職業によるもの
  3. 疾患によるもの
  4. 心因性によるもの

今回は、それぞれについて対処法を述べていきたいと思います。

1)日常生活の習慣や加齢によるものへの対処法

長い間話し続けたり、スポーツの応援をしたり、日常生活の中で急に声帯を酷使した場合に、声が出にくく、枯れた声になってしまうことがあります。これらの症状は急性の炎症が起きているためです。

1.声帯を酷使してしまった時の対処法

基本的に自然治癒で大丈夫です。症状が落ち着くまで自然に治るのを待てば、普通は2週間以内に軽快してくるといわれています。

2.アルコールやタバコを原因とする炎症への対処法

次に日常生活の習慣となっているアルコールやタバコが原因の場合をみていきましょう。これらは、のどの器官を痛める刺激の強さが原因です。さらに、アルコールを飲み過ぎたり、タバコを吸い続けたりして、喉への刺激が継続されると 慢性的な炎症となってしまいます。こうなってしまうと、声の枯れは治らなくなるのです。

また、アルコールが入った状態で、カラオケで大声を出したりすると、声帯の炎症からポリープになってしまうことも あります。さらに、中高年男性で喫煙歴のある人が声の異常を感じた時には、喉頭癌が疑われることもあるのです。

具体的な対処法

・アルコール、タバコは避ける。とくに、風邪をひいた時や喉を酷使してしまった時は、厳禁。

・できるだけ、喉を休める時間をとる。

・乾燥を予防し、水などで喉を湿らせる。

タバコ+ストレスは最悪の組み合わせ!

日常生活の習慣からくる声の異常は、それが直接の原因でなくても、深く探っていくとストレスが潜んでいることがあります。そして、重症の疾患の原因になってしまうこともあるのです。

アルコールやタバコなどストレスを解消するための方法が、反対に健康を害する結果となってしまったらどうでしょう? ストレス解消を、健康的な方法にシフトしていけるといいですよね。このコラムを読みながら、自分のストレス解消法はなんだろう?と少し考えてみてくださいね。

今日のPOINT

・声の異常はその原因によって、対処法が異なる。

・日常生活の習慣には、ストレスが潜んでいることがある。

前の記事 次の記事 

滑舌を良くするDVD教材