>
>
>

ブローカ失語

~ ブローカ失語コラム ~ ブローカ失語の問題と原因①

ブローカ失語の概要

ブローカ失語とは、失語症の基本分類のうちの1つです。失語症とは、後天的な脳の器質的な損傷によって起こる、「話す」「聞く」「読む」「書く」4つのモダリティすべてに渡る障害のことを指します。失語症があるとコミュニケーションに影響を及ぼします。そこで周囲からの誤解を受けやすくなるのですが、知的機能や精神機能、全般的な認知機能に障害はありません。

失語症のタイプ分類には現在に至るまで様々な方法が提案されてきました。古典的分類では、失語症の種類を「流暢性」「復唱可能かどうか」「聴覚的理解の程度」の3つの観点から分類します。

古典的分類を基にした、失語症の基本8タイプを表にすると下記のようになります。

 

○:比較的良好 ×:障害されている

その中でも、今回のコラムでは「ブローカ失語」について紹介していきます。

 

ブローカ失語の特徴とは?

ブローカ失語は非流暢性失語とも呼ばれ、以下のような特徴があります。

・発話
 ・非流暢で、発話量は少なく時間がかかる。
 ・音の歪みと呼ばれる正確ではない発音が目立つ。
 ・発語失行と呼ばれる症状を伴う。
・聴覚的理解
 ・自発話よりも比較的良好だが、障害されている。
・復唱
 ・困難だが、自発話よりは良好なこともある。
・読み
 ・漢字は仮名より良好だが、障害されている。
・書き
 ・漢字は仮名より良好だが、障害されている。読解より困難であることが多い。
・その他
 ・右片麻痺、右顔面麻痺、口腔顔面失行を伴うことが多い。

つまり、ブローカ失語を簡単に説明すると、下記のようになります。

・発話→非流暢
・聴覚的理解→比較的良好
・復唱→困難

注意点としては、失語症の診断基準として、4つの言語モダリティの全てにおいて障害されている必要があります。そのため、「比較的良好」であったとしても、障害が全くないわけではありません。また、古典的分類に当てはまらない、非典型的な失語症もいくつか存在しています。

 

ブローカ失語によって生じる問題

ブローカ失語は、非流暢性の失語です。「あー」などの短い発話や、単語レベルの表出であっても難しかったり、あるいはワンパターンの発話しかできなかったりします。そのため、自分の意思を言葉で伝えることが非常に困難な状態です。発話の特徴としては、構音が稚拙であったり、1音1音区切ったような話し方になりやすかったりします。

また、聴覚的理解は自発話よりも比較的良好であることに注目してください。WABと呼ばれる失語症検査の基準では聴覚的理解は40〜100%となっています。従って、ブローカ失語の重症度にもよりますが、だいたい日常生活では8割程度の周囲の話は理解できていると考えられています。つまり、話しかけられている言葉は理解できるのに、自分の言葉や思いは伝えられないし、質問にも答えられない、という状態なのです。

聴覚的理解は比較的良好とは言っても障害されてはいるため、「〜をしてから、〜をしてください」というような口頭での指示や、長い複雑な文章の理解は困難であったりします。そのため、いわゆる認知機能や知的機能などに問題があるのではないか、と家族からでさえ誤解される可能性があります。このように誤解をされたままになったら、それは周囲の言葉や状況を実際にはほとんど理解できている本人にとって、どれほどのストレスであるでしょうか。

ブローカ失語の方は発話量が非常に少なく短い、というのが主な問題であり、自分の症状についての病識はある場合が多いのも特徴です。聴覚的理解も比較的良好なので、自分で発音した音を聞いて正しく修正しようとされたりもします。それなのに、中にはずっと子供に話しかけるような言葉で話しかけられていた、という例も耳にしたことがあります。周囲の人々や医療関係者は、ブローカ失語の症状についてよく理解し、敬意を持って接する必要があります。

 

ブローカ失語が生じる原因

まずは、失語症を起こす脳の損傷が起きる原因として、下記に6つの疾患を挙げます。

・脳血管障害:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など。
・脳外傷:事故などによる。
・変形疾患:アルツハイマー、ピック病など。
・感染症:ヘルペス脳炎など。
・一酸化炭素中毒
・脳腫瘍

この中で、今回紹介するブローカ失語を起こすことが最も多いのは、脳血管障害です。生じる過程の例を挙げて説明するとこのようになります。

1.脳梗塞などが起きる。
2.内頸動脈から連なる中大脳動脈領域が損傷する。
3.中大脳動脈に支配される、左MCA領域に栄養が行き渡らなくなる。
4.3の影響によりブローカ失語の病巣が損傷する。

そして、ブローカ失語が生じます。

 

ブローカ失語の病巣はどこか

どの失語症も、何らかの原因によって脳が損傷している場合に起きるということを述べました。さらに、失語症では「限局性の大脳病変により障害される」必要があるため、正確にはCTやMRIによって、どこが病巣なのかを確認しなくてはいけません。

言語野のブローカ領域は、左下前頭回の弁蓋部と三角部という場所にあります。そしてブローカ失語は、ブローカ領域のみならず、その周辺の領域を広範囲に大きく損傷することによって起こります。その他の例としては、全失語というさらに重度の失語症を発症した後に、徐々に回復してブローカ失語に近い状態へと移行する場合もあります。

失語症分類は、CTやMRIによる病巣の確認と、実際の症状を照らし合わせた上で行う必要があるのです。

 

身体や精神の症状もチェック

ブローカ失語では、右片麻痺、右顔面麻痺、口腔顔面失行を伴うことが多いと述べました。これは、先ほど述べた脳のブローカ領域と、運動野と呼ばれる筋肉などのコントロールをする部分が隣接しているために生じる症状です。

右片麻痺が起こる理由として、脳のブローカ領域は右利きの場合一般的には左脳にあります。そして、ここからの神経は錐体と呼ばれる部分で交差して末梢神経へと降り、実際の身体の筋肉には右側に症状が現れるためです。よって、ブローカ失語を呈す方に対しては、言語面のみではなく、身体の不自由さや麻痺による身体機能の低下にも注意を払う必要があります。

さらに、ブローカ失語の方は聴覚的理解もよく、周囲の状況判断も可能で、自分の症状を強く意識されている方が多いのも特徴です。これがご家族や医療関係者に上手く理解されていないと、適切な扱いを受けられなかったり、自分の意思を伝えられないことによるストレスから抑うつ状態になりやすいと言われています。

ブローカ失語は、多数ある失語症の種類のうちでも、特に精神面でのケアが必要であり、そのためには詳しい症状と問題についてよく知っておくことが必要です。今回は、ブローカ失語の問題と原因、病巣について紹介しました。次回はブローカ失語のさらに詳しい症状と対処法について紹介していきます。

・ブローカ失語は非流暢性で、聴覚的理解は比較的良好、復唱は困難な失語症です。
・ブローカ失語は自発話が困難で自分の意思を言葉で伝えにくいのが特徴です。
・ブローカ失語はブローカ領域周辺の広範囲の損傷によって起こります。
・ブローカ失語に対する正しい理解と、身体面や精神面のフォローが必要です。

 

参考文献
・失語症言語治療の基礎, 紺野加奈江, 2001
・高次脳機能障害学, 石合純生, 2003
・リープマン神経解剖学 第3版, S. David Gertz, 2008


聴覚障害コラム
ブローカ失語コラム

問題と原因について確認しよう