>
>
>

ブローカ失語の方との話し方

ブローカ失語

~ ブローカ失語コラム ~ ブローカ失語の方との話し方②

ブローカ失語の人とどうお話すると良い?

前回のコラムでは、ブローカ失語とは失語症の分類のひとつであり、発話は非流暢で聴覚的理解は比較的良好な失語症であることを紹介しました。また、ブローカ失語の人は周囲の人の話や状況を理解することはある程度できるが、自発話が困難なことにより生じる問題について説明しました。

ブローカ失語の方は失語症の中でも誤解を受けやすいので、周囲の人が正しく症状について理解して、良い接し方をする必要があります。今回はそのアプローチ方法について4つに分けて紹介していきます。

 

短文でゆっくり話しかけよう

ブローカ失語の人の聴覚的理解は、「比較的良好」であるとは言っても障害されています。特に、長々と回りくどいような話し方の理解は困難です。従って、ブローカ失語の人に対するアプローチとして、下記の点に工夫してお話すると伝わりやすいでしょう。

・短い言葉で話す
・分かりやすい言葉で話す
・要点を簡潔に話す
・早口になりすぎない

特に大切なお話の場合は、本当に内容が伝わっているかひとつひとつ確認しながら、ゆっくりと会話を進めることも大切です。

 

漢字単語を書いて説明しよう

ブローカ失語の方には文字を書いて説明すると良いでしょう。特に平仮名よりも漢字を読むことの方が得意であることが多いとされています。漢字の中でも、漢字一文字より漢字単語の方が理解しやすいです。その理由は、平仮名は「音」を表すのに対し、漢字は「意味」を表すためです。説明の際には漢字単語を用いてみましょう!

よくある誤った例として、平仮名で書いて説明したり、平仮名五十音表を指差してもらおうとしたりすることがありますが、ブローカ失語の方にとっては有効とは言えません。

 

質問の仕方を答えやすいように工夫しよう

ブローカ失語の方は、分かりやすく質問すればその意味は理解できる場合が多いでしょう。しかし、音声を表出して答えることが困難であるので、質問そのものが理解されていないと誤解を招きがちです。

そこで、質問の仕方を工夫する必要があります。一番良いのは、「はい」か「いいえ」で答えられるように質問をすることです。回答を「はい」「いいえ」のどちらかに限定することで、発話の苦手なブローカ失語の方にとっても答えやすくなります。発話以外の表情や頷き、首振りなどからも、意思を判断しやすくなります。

 

コミュニケーションノートを作成しよう

ブローカ失語でも重度の場合は、これまで説明したアプローチ方法を組み合わせてもうまく意思疎通ができないことがあります。そういった場合は、あらかじめ選択肢を用意するための、コミュニケーションノートを作って用いると、スムーズに会話しやすくなります。

例えば体調や気分について尋ねたい時、「良好」「普通」「悪い」という漢字単語と表情のイラストを描いたページをあらかじめ作成しておいて、指差してもらうのです。他には、まず食べ物や飲み物などカテゴリーごとのページを作りましょう。そこにイラストや写真を貼っておけば、その中から欲しいものを指差して選んでもらうことができます。同じように「人物」「場所」「物」「動作」のような、日常生活でその人が必要とされる言葉を選んで、文字やイラスト、写真を用意しておくと良いでしょう。

次回は、これまでお伝えしてきた内容について、まとめて紹介します。

・ブローカ失語の方には短く簡潔に話しましょう。
・書字を用いる場合は平仮名より漢字単語を用いましょう。
・質問は「はい」「いいえ」で答えられるように工夫しましょう。
・コミュニケーションノートを作成して活用しましょう。

 

参考文献

・失語症臨床ガイド―症状別理論と42症例による訓練・治療の実際, 竹内愛子, 2003
・失語症言語治療の基礎, 紺野加奈江, 2001
・高次脳機能障害学, 石合純生, 2003



聴覚障害コラム
ブローカ失語コラム

障害を持つ方の話し方について理解しよう