>
>
>

ウェルニッケ失語についてご紹介した事を確認しましょう

ウェルニッケ失語

~ ウェルニッケ失語コラム ~ ウェルニッケ失語についてのまとめ③

ウェルニッケ失語についてご紹介しました

この度、ウェルニッケ失語についてのコラムでは、2回に分けて下記の内容を紹介してきました。

第1回:ウェルニッケ失語の問題と原因
第2回:ウェルニッケ失語の方との話し方

今回のコラムでは、これまでの内容のまとめを述べます。

ウェルニッケ失語は聴覚的理解が困難

ウェルニッケ失語とは、失語症の基本分類のうちの1つです。古典的分類では、失語症の種類を「流暢性」「聴覚的理解の程度」「復唱可能かどうか」の3つの観点から分類します。

ウェルニッケ失語を簡単に説明すると、下記のようになります。

・発話→流暢
・聴覚的理解→困難
・復唱→困難

ウェルニッケ失語の特徴として、自発話は流暢で多弁だが内容が伴っていなかったり、聴覚的理解の著しく困難な状態であると言えます。

ウェルニッケ領域を含む損傷によって起こる

脳の言語野の一つであるウェルニッケ領域は、側頭葉の上側頭回・後部という場所にあり、聴覚野を囲むように位置しています。ウェルニッケ失語では、ウェルニッケ領域やその周辺を損傷することによって起こります。

失語症は限局性の大脳病変による障害であるため、正確な失語症分類は、症状のみではなく、CTやMRIにより病巣を確認した上で行う必要があります。

簡単な質問や指示も理解が難しくなります

ウェルニッケ失語は、認知症ではありません。ウェルニッケ失語は、聴覚的な音素認知・音素分析の困難な状態です。

音を聞いても脳の中にある単語まで正しくアクセスできず、その意味も理解できなくなったりします。会話の中でも単語レベルで理解が妨げられ、情報伝達に影響を及ぼします。

簡単な質問や指示に従うこともできなかったりします。文字の読み書きも多くの場合は困難です。そのため誤解されがちですが、ウェルニッケ失語は認知症や精神障害ではなく、脳の損傷によって起きる言葉の理解が非常に困難になる失語症です。

ウェルニッケ失語の方と上手に会話するには

ウェルニッケ失語の方と会話する際には、いちいち言葉の言い誤りを指摘しないことが大切です。

ウェルニッケ失語の方は非常に流暢で多弁であることが多く、基本的なコミュニケーション能力は保たれています。しかし会話をしてみると、実際には錯語と呼ばれる言い誤りや、状況に合わない発話が多いことに気づくと思います。

そのような言葉の言い誤りに気付いても、その都度指摘や修正をしないようにしましょう。言葉で指摘しても、ウェルニッケ失語の方は聴覚的理解が難しく、何が誤りか理解しにくいのです。お話の意図を上手くくみ取り、スムーズに会話できているように接することが、良いコミュニケーションへとつながります。

スムーズなコミュニケーションのために

ウェルニッケ失語の人と会話をする際には、以下の4つのことに注意してアプローチしてみましょう。

1.言い誤りを指摘しない
2.分かりやすい言葉とジェスチャーを併用する
3.「はい」「いいえ」カードを作成し活用する
4.話の意図をくみ取り、楽しい雰囲気で会話する

これら4つの方法が主なアプローチ法として挙げられます。その人の症状や障害の特性に合わせてコミュニケーションの仕方を考えていくことが大切です。

ウェルニッケ失語の理解が深まりますように

最後に、これまでウェルニッケ失語についてのコラムにお付き合い頂き有難うございました。

ウェルニッケ失語は、流暢な自発話に対して聴覚的理解が著しく困難になる失語症です。周囲の人はその人の持つ症状について、よく理解することが大切です。今回ご紹介したような工夫を会話に取り入れ、楽しいコミュニケーションを心がけると良いでしょう。最後までお読み頂き、どうも有難うございました。

そして、コミュニケーションをよりスムーズにしたいという方は、弊社の滑舌改善通信講座を受けてみませんか。弊社では、言語聴覚士が滑舌改善のレッスンを担当しています。言葉の専門家が滑舌を見極めて、あなたに合った練習を一緒に行っていきます。気軽にご連絡ください(^ ^)

みなさんの滑舌が良くなるよう、講師も一緒に頑張ります!

*参考文献
・失語症言語治療の基礎, 紺野加奈江, 2001
・リープマン神経解剖学 第3版, S. David Gertz, 2008
・失語症臨床ガイド―症状別理論と42症例による訓練・治療の実際, 竹内愛子, 2003
・新編 言語治療マニュアル, 伊藤元信 笹沼澄子, 2002



ウェルニッケ失語コラム
聴覚障害コラム
ブローカ失語コラム
難聴コラム
場面緘黙コラム

特徴を知ってコミュニケーションを楽しみましょう