>
>
>

滑舌練習の基礎!舌のトレーニングを言語聴覚士が解説

滑舌,練習

~ 滑舌練習コラム ~ 滑舌練習の基礎!舌のトレーニング-言語聴覚士が解説②

滑舌練習の基本!舌の脱力

コラム①では、滑舌改善方法の選び方を4つあげました。具体的には「①舌をコントロールする」「②舌の感覚を鍛えて目的の動きをする」「③1つ1つの発音を正確に」「④待機性を上げて滑舌改善」でしたね。

今回は、「舌をコントロールする」の具体的な方法をご紹介します。舌をコントロールするには、「舌の脱力をマスターすること」が必要です。発音と舌との関係など詳しく紹介していきます。

舌の力をコントロール!

舌はとても細かく複雑な動きをしています。舌の癖があっては発音に必要な動作を十分にすることができません。

舌の癖=不必要な力です。この不必要な力をなくすために舌の脱力をします。そして、まっさらになった状態の舌で正しい発音方法を身につけて滑舌の改善をしていきます。

舌の癖を治すためには、舌の脱力をマスターすることが大切です。滑舌を改善するために舌の力をコントロールできるようにしましょう!

舌の脱力「ポイント2つ」

舌トレをすることで、舌の脱力を行うことはできます。しかし、自分で行うとなかなかうまくいかないと練習が続かない方も多いです。そんな人のために、舌トレを行うポイントを紹介しましょう。

1.舌トレは順番に行う
まず口を大きく開け、その状態で舌を前に出し、舌の力を抜きましょう。舌の力を抜くことをしっかり身につけるために一つ一つ確実に行うことが大切です。

2.ペターっと舌の力を抜く
舌の力を抜くときのポイントはペターっと力を抜くことです。下唇の上でしたがペターっとなるように力を抜いてみましょう。

これらに気をつけることで舌トレをマスターしやすくなります。

滑舌練習「舌トレの基本」

さっそく、滑舌練習の基本である舌の脱力をするための練習をご紹介します。鏡を見ながら実際にやってみましょう!

練習
①縦に指が3本入るくらい口を大きく開けましょう。舌トレの基礎口の開け方の写真②口を開けたまま、舌を前に出します。舌トレの基礎舌を前に出す写真③下唇に乗せるイメージで、舌の力を抜いてください。
舌トレの基礎力を抜いた舌の写真舌の先端がまっすぐになっていること、ピクピク動いていないことを確認する。

舌の脱力
正しい状態
舌の先端が平らになっている・舌がピクピクと動いていない

×悪い状態
舌の先端が平らでない(写真4)・舌がピクピクと動く舌トレの基礎脱力できない状態の写真

応用編!呼吸しながら舌トレ

次は、舌の脱力をコントロールするための練習をご紹介します。鏡を見ながらやってみましょう!

練習
①舌トレをします。

②舌の力を抜いたまま、「へー」とを息を出します。
舌の基礎練習息の出し方写真舌に力が入らないように気をつけましょう。

③②の状態で3秒くらい息を出します。
④舌を戻します。

舌の脱力だけならうまくできるのに、呼吸をするとどうしても力が入ってしまうという人もいるかと思います。その場合は、舌トレを行い舌の力を確実に抜いてから、呼吸をしてみてください。

呼吸をすると、力が入ってしまい焦ってしまうこともあると思います。ですが、焦ると余計に力が入ってしまいます。焦らず練習をしましょう!

舌トレをしながら呼吸をすることができたら、舌トレをしながら発声をしてみましょう!舌トレをしながら呼吸や発声をするで、舌の脱力をマスターすることができます。

滑舌練習「舌トレ」3つのメリット

最後に、舌の脱力を行うメリットをご紹介します。

1.舌の動きを自分でコントロールしやすくなる
2.正しい発音を身につけやすくなる
3.今後の練習をスムーズに行いやすくなる

メリットは以上の3つです。基本の舌の脱力をマスターして、滑舌をよくしましょう♪

滑舌練習の基礎は舌トレから次回のコラムでは、滑舌練習の選び方の②「舌の感覚を鍛えて目的の動きをする」についてご紹介します。

★舌の力をコントロールして舌の癖を治す
★滑舌練習「舌トレ」は順番に行う
★舌はペターっと力を抜いて滑舌練習を!

 

*出典・参考文献・書籍
1)阿部雅子. "構音障害の診断と治療." 音声言語医学 43.3 (2002): 316-324.
2)西尾正輝:ディサースリアの基礎と臨床 第1巻 理論編 インテルナ出版株式会社 P49〜72 2006



滑舌練習コラム
滑舌コラム
舌コラム
滑舌悪い原因コラム
呂律コラム

舌をコントロールして改善しよう