>
>
>

滑舌練習「舌の感覚を鍛える」で滑舌を良くしよう

滑舌,練習

~ 滑舌練習コラム ~ 滑舌練習「舌の感覚を鍛える」正しい発声を身に付けよう③

滑舌のための感覚練習をしよう!

コラム②では、滑舌改善方法の選び方「舌をコントロールする」についてご紹介しました。具体的には舌の脱力をマスターすることでしたね。

今回は、滑舌改善方法の選び方「舌の感覚を鍛えて目的の動きをする」についてご紹介します。具体的な練習方法や実施する時のポイントなどをご紹介していきたいと思います。

舌の色々を感じて滑舌UP!

まずは、滑舌を改善するために必要な「感覚」について解説します。

ここでいう感覚とは、痛い・熱い・冷たいという感覚ではなく、目的の動作をしっかり行うための「感覚」です。これを固有感覚といいます。

発音は口の中の限られた空間で、細かな動きを行う必要があります。そのため、滑舌を改善するには、「舌のどの部分が、口の中のどのあたりで、どのような状態かを感じること」が大切です。これは固有感覚を鍛えることで意識しやすくなります。

正しい発音を身につけるために、舌の「感覚」を鍛えましょう!

舌の感覚習得の鍵2つ!

舌の感覚を鍛える上でのポイントをご紹介します。以下の2つがポイントです。

1.背筋を伸ばして首を固定する
立っていても、座っていても構いません。背筋を伸ばします。背筋が伸びたら肩の力を抜いて、首をまっすぐにします。この状態のまま首や顔を固定するイメージで舌の感覚練習を行います!

2.舌をまっすぐ伸ばす
姿勢を整えたら、開口して舌を目的の場所まで伸ばします。舌を前に出すのではなく、舌が前方に伸びていくようなイメージで動かしましょう。カメレオンになったつもりでやってみてください♪

舌を前に出そうと意識しすぎると、首や顎が前に出てしまうことが多いです。そうなってしまっては舌の練習にはなりません。この2つを意識すると、舌の感覚練習を行いやすくなります。自分でコツを掴むまで時間がかかりますが、一度コツを掴めば強い味方です。

感覚を鍛える練習をしよう

では、具体的に舌の感覚を鍛える練習をご紹介します。鏡を用意してくださいね。

練習
① 縦に指が3本入るくらい口を開けます。
舌の感覚を鍛える口の開け方写真痛くならない程度でOK

②舌を床と平行になるようにまっすぐ前に出します。
感覚を鍛える練習の写真もう前に出せないというところまで舌を出してください。

③②の状態で5秒キープします。
④舌を元に戻します。

鏡を見て舌がまっすぐ出せていること確認しながらやってみましょう。首が曲がったり、顎が前に出たりしないように気をつけてください。

初めはなかなかうまくできないかもしれません。ですが、練習を続けていくうちに、狙いを定めたところに舌が伸びるようになります。単純な動作を正確に繰り返し行うことで、舌の感覚を鍛えます。すると舌が動かしやすくなります。これは、舌の耐久性をあげて滑舌をより安定したものにするための練習でもあります。ぜひ、やってみてくださいね♪

舌の感覚を鍛えるメリット

最後に、舌の感覚を鍛える3つのメリットをご紹介します。

1.目的の動作を行いやすくなる
2.発音の違いを感じながら練習できる
3.今後の練習がスムーズになる滑舌練習で発声をよくしよう滑舌練習の基礎練習の段階です。地道な練習が続きますが、根気強く練習を続けていきましょう!次回のコラムでは、滑舌練習の選び方の③「1つ1つの発音を正確に」をご紹介します。

★滑舌練習で正しい発声を
★目的の動作を行うための感覚練習!
★まずは単純な動きで舌をコントロールする

 

*出典・参考文献・書籍
1)西尾正輝:ディサースリアの基礎と臨床 第1巻 理論編 インテルナ出版株式会社 P49〜72 2006
2)上田功. "音韻理論と構音障害 (< 特集> 正常な発話と逸脱した発話)." 音声研究 12.3 (2008): 3-16.
3)白坂康俊、熊田政信:言語聴覚士のための機能性構音障害 医歯薬出版株式会社 P20〜229 2012



滑舌練習コラム
滑舌コラム
舌コラム
滑舌悪い原因コラム
呂律コラム

舌の感覚を鍛えよう