>
>

舌のトレーニング方法で「正しい発音」を身に付ける

正しい発音で苦手意識を改善

~ 滑舌コラム ~ 舌のトレーニング方法で「正しい発音」を身に付ける④

コラム③では「得意な発音しかしない」を解決するためのトレーニング方法について紹介しました。具体的には舌の感覚を鍛えることでしたね。今回は、悪影響の1つである「正しく発音せず曖昧な発音にしてしまう」を解決する方法を解説していきたいと思います。

正しく発音せず曖昧な発音にしてしまう場合は、「正しい発音を身につけること」が大切になります。正しい発音動作のトレーニングも交えながら紹介していきます。舌のクセを治して正しい発音を目指そう

意識的に繰り返す

曖昧な発音というのは、苦手な発音ということです。正しい発音方法を確実に行うことで曖昧な発音を改善することができます。

ここで大切になるのが、正しい動作を意識的に繰り返すことです。意識的に繰り返しトレーニングすると、舌がどのような動きをしているか分かります。そうすることで、正しい発音動作をより確実に身につけることができます。

まず、苦手な音の正しい発音動作を身につけ、正しい場所で正しい方法を使って舌を動かせるようにしましょう。それができたら、その動作を繰り返しトレーニングをして正しい発音動作を確実に身につけていきます。

滑舌改善の4つのポイント

では、滑舌改善の流れを確認していきましょう。流れを確認して、自分が今どの地点にいるのか何のトレーニングすれば良いのかを明確にしましょう!

1.舌の脱力をマスターする
2.正しい発音動作を身につける
3.正しい発音を連続してできるようにする
4.日常会話に正しい発音を汎化する

この流れで滑舌の改善をしていきます。滑舌を悪くする原因などを滑舌コラム⑤で詳しく紹介しています。滑舌改善も参考に舌のクセを治そう

正しい発音方法のトレーニング

では、発音に悩む方が多い「ら行」の発音方法を使ってトレーニングしてみましょう。舌が力まないように気をつけながらやってみてください。わざと大げさに動かしているので、発音が歪んで聞こえると思いますが気にせず進めてOKです!

<トレーニング方法>

①  口を軽く開けて、舌の先端で上唇の真ん中を触ります。
正しい発音トレーニングの参考写真1

② 口を開けたまま、舌の先端で上の前歯を触ります。
正しい発音トレーニングの参考写真2

③ 続けて、上の歯の裏側を触ります。
正しい発音トレーニングの参考写真3

④ ③の状態を保ちながら、「あー」と発声します。

⑤ ④が出来たら、舌の先端で上の前歯の裏側から口の天井に向かってスライドさせます。
正しい発音トレーニングの参考写真4※スライドさせながら「らあーー」と発声します。

⑥ 徐々に母音を短くして、「ら」と繰り返し発音してみてください。
正しい発音トレーニングの参考写真5

トレーニングはいかがでしたか。同様に「りいー」「るうー」「れえー」「ろおー」も発声してみましょう。ら行の発音をするときに、舌がどのように動いているのか意識しながらトレ―イングをしてみてください。

正しい動作を知るメリット

音が歪んだまま練習を続けて良いかな…と不安に思った方もいるかもしれませんね。しかし、先ほどもいいましたが、わざと行っているので大丈夫です!

大げさにゆっくり動かすことで、鏡で舌の動きを見ることもでき、舌の動かし方が客観的にわかるようにもなります。また「らの発音は舌の先端でお口の天井を後ろになぞるんだ!」と自分の頭の中でイメージしやすくもなります。こうすることで、ただ闇雲に動作を繰り返すのではなく、動作を正確に繰り返すことができます。すると、より確実に正しい発音動作を身につけることができるのです。

まずは、正しい発音動作をしているときに舌がどのような動気をしているのか確認します。そして、その正しい発音動作をしっかり身につけましょう!

次回のコラムでは、舌と滑舌の関係についてのまとめを紹介します。次回もお楽しみに!

★正しい発音動作を身につける
★意識的に繰り返して動きを覚える
★流れにそって練習をする

 

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく言語聴覚士のレッスンを受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



*出典・参考文献・書籍
1)上田功. "機能性構音障害の音韻分析: 臨床的視点からの考察 (< 特集> 言語障害 (吃音と構音障害) の様相と分析)." 音声研究 17.2 (2013): 21-28.
2)上田功. "音韻理論と構音障害 (< 特集> 正常な発話と逸脱した発話)." 音声研究 12.3 (2008): 3-16.
3)白坂康俊、熊田政信:言語聴覚士のための機能性構音障害 医歯薬出版株式会社 P20〜229 2012

舌コラム
滑舌コラム
滑舌悪い原因コラム
滑舌練習コラム
呂律コラム
滑舌良くするコラム
滑舌トレーニングコラム

滑舌改善!舌のトレーニング